FC2ブログ

高槻の“お寿司屋さん” 味よしです!お寿司の宅配と持帰りのお店です 寿司デリバリー!

高槻市寿町で創業49年を越えた二代目寿司屋のブログ。寿司や仕込みについて紹介していきます。
2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01

太陽の塔 内部

こんにちは (^^)/


いよいよ太陽の塔の内部に入ります。

日にちと時間の完全予約制。

16名一組で進んでいきました。 高齢者、カップル、夫婦など様々です。

taro_2_1.jpg

まずは 『地底の太陽』 ゾーンから始まります。

taro_2_2.jpg

仮面や神像、映像や照明を組み合わせての姿はとても神秘的。

taro_2_3.jpg

今の技術を使って音声と映像で様々な姿に変化する 『地底の太陽』

この巨大仮面は行方不明になり復元されたものらしい。

taro_2_4.jpg

撮影出来るのはココまで。 撮影最後の場所です。

1階のこの場所から41メートルにおよぶ巨大造形、それが 『生命の樹』

地上から天井に向かって人類の進化が伺える。
樹は5色に分かれており世界の五大陸を表しているそうです。

taro_2_5.jpg

樹の根元は原生類。 三葉虫やアンモナイトなどが樹に張り付いている。

ここから階段を上っていくにつれ恐竜やチンパンジーに段々進化していき、やがて
クロマニョン人やネアンデルタール人(昔、習った記憶のある単語ですよね)といった
哺乳類へと移り変わっていく様子になっている。

taro_2_6.jpg

各フロアで担当の方が簡単な説明をしてくれますが、分刻みでの移動。
もう少し詳しい説明や裏話などが欲しかったという印象です。

鑑賞を終えて目の前にあるエキスポシティへ。

taro_2_7.jpg

沢山の専門店があり人気のスポットらしい。
平日なので人は少なかったけど土、日は凄い人で混雑するとか。

昼ごはんで石焼きビビンバを食べたので口の中は軽いヤケドでヒーハー (>_<)

美味しそうなソフトクリームを買って冷やします (買う時は恥ずかしかった・・・)

taro_2_8.jpg

帰る時に仕事用の靴を買う。 高槻で買う予定が吹田になっただけのこと。

で、通路であるショップが閉店セールを開催して人だかりが出来ていた。
冬物の上着、アウターと言うんですか? 70%オフでした。

70%オフですよ! チョットいいものを思わず衝動買いしてしまった。

taro_2_9.jpg

万博からJRの駅に車を止めて電車に乗ってココまで来ました。

taro_2_11.jpg

はい、今度は京都です。

taro_2_12.jpg

ここから更に電車を乗り換え、バスに揺られて叔母の見舞いに。

定休日の朝から晩まで我が嫁とベッタリ一緒にいるというのは非常に珍しいこと。
たまにはいいかも?ネ。

いや、考えたら・・・
休みの日だけじゃなく、毎日仕事でも一緒にいるや~~ん (笑)


ご覧下さり有難うございました!

太陽の塔の内部記事に関して詳しいHPがありました。 関心のある方はコチラ


岡本太郎氏の偉大さにクリックを にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ

応援クリック、おおきに! そのワンクリックが励みになります~!
[ 2019/03/11 09:20 ] 独話 | TB(0) | CM(6)
味よしさん、こんにちは^^

太陽の塔の中が、こんな風になっているとは。
見る価値ありますね。
そして、未だにこの太陽の塔は廃れていないことも知りました。
見学が予約制だなんて。
一時、取り壊すなどとの話しも耳にしましたが。
岡本太郎氏の力作ですからね。
残していって欲しいですね。
[ 2019/03/12 10:04 ] [ 編集 ]
こんにちわ。

太陽の塔は正面からの印象だけなので
裏側に別の顔があるとは知りませんでした。

内部はもちろん、大阪万博も知りません。
あんな風になっていたなんて、という感じです。

大阪から京都へ。
長旅?お疲れ様でした。
[ 2019/03/12 10:22 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 味よしさん、こんにちは^^
>
> 太陽の塔の中が、こんな風になっているとは。
> 見る価値ありますね。
> そして、未だにこの太陽の塔は廃れていないことも知りました。
> 見学が予約制だなんて。
> 一時、取り壊すなどとの話しも耳にしましたが。
> 岡本太郎氏の力作ですからね。
> 残していって欲しいですね。

ごくしげ さんへ

ごくさん、こんにちは。

なかなか趣があって良かったですよ。
内部は人類の進化が表現されてました。

当時からのものは流石に時間の経過を感じましたが
当時の最新技術というものが伺えました。

中にも外にもショップがあって、そこには
岡本太郎氏のグッズが色々とありました。
ボクは何も買わなかったけれど、観光に来たであろう
人達は袋イッパイ買ってましたよ。

大阪万博の思い出と共に太陽の塔はいつまでも
残してほしいと思いますわ。
[ 2019/03/14 14:53 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> こんにちわ。
>
> 太陽の塔は正面からの印象だけなので
> 裏側に別の顔があるとは知りませんでした。
>
> 内部はもちろん、大阪万博も知りません。
> あんな風になっていたなんて、という感じです。
>
> 大阪から京都へ。
> 長旅?お疲れ様でした。

sanche さんへ

sancheさん、こんにちは。

映像や画像でも殆どは正面からのものなので
裏側の黒い太陽は余り知られてないかも?

当時の万博はとにかく凄かったですよ!
日本が元気な時だったので活気がありました。

ウチでも田舎から万博に行くので泊めて欲しいと
親戚から電話が何回もありましたもん。

今は無くなってしまったけど、万博あとにできた
エキスポランドという遊園地にはよく行きました。

サイクリングで行ったり、皆で遊びに行ったものです。
近くで身近なものだけに今まで当たり前に思っていた施設が
実は歴史的にも重要なものだったんですね。
[ 2019/03/14 14:58 ] [ 編集 ]
大阪万博

自分が二歳の頃です


写真はあるけど記憶は一切無し(笑)


来週23.24は京都へ墓参りを兼ねて観光です
[ 2019/03/15 23:32 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 大阪万博
>
> 自分が二歳の頃です
>
>
> 写真はあるけど記憶は一切無し(笑)
>
>
> 来週23.24は京都へ墓参りを兼ねて観光です

祝 十郎 さんへ

むらさん、こんにちは。

2歳では記憶がないでしょうね。
ボクは小1だったので少しは覚えてますよ。

月の石は見れなかったはず。
数回は万博に行ったと思います。

今度の大阪万博はどうなるでしょ?
コチラではあまり盛り上がってません。
市内だけでしょうかね。

ウチの周辺は高齢者が多いので話題にもなってません 笑
[ 2019/03/17 12:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インフォメーション
ようこそ、いらっしゃいませ!

定休日は毎週火曜日です。
祝祭日の時は営業します。

当店のホームページにも
是非お立ち寄り下さい。

  HPはココをクリック!

高槻市寿町1丁目19番2号

  地図はココをクリック!
プロフィール

 味よし (あじよし)

Author: 味よし (あじよし)
            
いらっしゃいませ!
寿司屋の『味よし』です

こだわりは「活き」と「鮮度」そして「手作りの味」

昔ながらの仕事をした手作りの味を電話1本でお届けします!
添加物、保存料は一切不使用

にぎりたての新鮮で安心な海の幸をご賞味あれ!

電話番号
☎ 696-7326
☎ 696-2449
メール待ってます!
毎度、いらっしゃいませ!