FC2ブログ

高槻の“お寿司屋さん” 味よしです!お寿司の宅配と持帰りのお店です 寿司デリバリー!

高槻市寿町で創業49年を越えた二代目寿司屋のブログ。寿司や仕込みについて紹介していきます。
2014 101234567891011121314151617181920212223242526272829302014 12
月別アーカイブ  [ 2014年11月 ] 

画像と本文は関係ありません!

こんにちはー (^^)/


少し前に友人と久しぶりに飲みに行きました。 その時の様子を記事にしようと・・・

が・・・別に 『有名なお店に行ってきましたー』 という訳でもなく普通の飲み屋さん。

『こんな変わった料理を食べましたよ~』 というものでもありません。


本日の記事は別の内容に差し替えて毎度のことながらクダラナイお話でも。。。

という訳で画像と本文は関係なく、何ら関連性もありません ^_^;

pio1.jpg
   安くて旨い炉端のお店 材料は目の前に並べられてスタンバイ

珍しく珍しく、珍しく珍しく! 先日、娘が作った夕食の記事 に関連して。

何故かと言うと・・・
あるオジさんのお客さんが店に来た時、ヒョンなことからオジさんの息子さんの
お嫁さんの話に発展。

pio2.jpg
   一応、野菜も摂取しなければと思い何チャラサラダを頼みました

そのオジさん御夫婦には娘さんがおらず子供は二人の息子さん。
息子さんが結婚して初めて “お嫁さん” という女性が加わったそうです。

ところが若嫁さん、家事や料理がイマイチらしい。
といっても、息子さんが嘆いているのではなくオジさん(舅 おしゅうと)が嘆いている。

pio3.jpg
   この日のオススメの一品であるホタテは旨かった~ 

お嫁さんが来たなら自分の家内と同じように料理も上手くこなし、何でも出来るもの
と思っていたんでしょうね。 自分のところには娘がいないので解らない。

pio4.jpg
   飲んだ後で餃子が食べたいと2軒目へ  とりあえず2回目のカンパーイ

その話を聞いてボクも耳が痛かったけど ^_^;

自分に娘がいるのでよ~~く解ります。
料理、出来ません。 針仕事、やったことありません。
極端に言えばお茶の入れ方も知らないでしょう。。。恥ずかしながら・・・。

pio5.jpg
   不思議と店で食べる餃子は旨いですよね~

結婚して自分がやらなければならない、と思った時に前向きになるのでは?
切羽詰まってから真似ごとながら学習するのでは? と安易に考えてます (^^ゞ

ボクの嫁さんにしても結婚した時から料理が出来た訳ではなく、それまで洗濯ひとつ
してなかったし、箸を持つだけの独身生活だったようです。

pio6.jpg
   肉団子も注文  最後の〆にラーメンも注文しましたが飲み過ぎ、食べ過ぎ?

その嫁さんも今では結婚生活ウン十年、主婦歴ウン十年となり、一通りのことは
無難にこなせる人に。。。(と、ボクは思ってます)  

ブログで褒め過ぎ?なせいか、読者には高評価なウチの嫁さん(社交辞令でもネ♪)

しかーし! 人には当然ながら得手、不得手があります。

嫁さんの不得手を挙げるなら・・・
裁縫というのか、針仕事というのか、手芸というのか、 ソレです。

この分野は本人も認めてますが全くダメです、出来ません ^_^;

江戸時代なら追い出されるでしょうね(笑)

ブログに書いて怒られるかな? 
いやいや、この程度で怒るような懐の小さな人ではないでしょう、多分。。。

長々と読んで頂きありがとうございまーす (^^)


ご覧下さり有難うございました!

反論、批判がありそうな・・・ ^_^;

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ

応援クリック、おおきに! そのワンクリックが励みになります~!


訪問して頂き有難う御座います。
FC2ブログ以外の方はクリックして足跡を残して下さいね ♪

[ 2014/11/20 20:49 ] 独話 | TB(0) | CM(12)
インフォメーション
ようこそ、いらっしゃいませ!

定休日は毎週火曜日です。
祝祭日の時は営業します。

当店のホームページにも
是非お立ち寄り下さい。

  HPはココをクリック!

高槻市寿町1丁目19番2号

  地図はココをクリック!
プロフィール

 味よし (あじよし)

Author: 味よし (あじよし)
            
いらっしゃいませ!
寿司屋の『味よし』です

こだわりは「活き」と「鮮度」そして「手作りの味」

昔ながらの仕事をした手作りの味を電話1本でお届けします!
添加物、保存料は一切不使用

にぎりたての新鮮で安心な海の幸をご賞味あれ!

電話番号
☎ 696-7326
☎ 696-2449
メール待ってます!
毎度、いらっしゃいませ!